医院案内
診療案内
予防歯科
審美歯科
矯正歯科
インプラント治療
セラミック治療
入れ歯治療
最新治療
スタッフ募集
料金表
予約はこちら
 

入れ歯治療

失った歯を取り戻す方法

自分の歯がなくなったところの代わりをしてくれる方法が、ブリッジ、入れ歯、インプラントです。歯が失われることは、上下の噛み合わせが壊れてしまうことになります。

歯が本来もっている働きである

1. 噛むこと
2. 正しく発音すること
3. 食べ物や飲み物を飲みこむこと
4. 見た目の美しさ

などに支障がでてしまいます。

前歯が1本なくなっても、見た目が悪いだけでなく、食べ物をうまくかみ切れなかったりします。歯のすき間から空気がもれるような感じがしたり、発音にも影響をします。人前で口を開けて笑えなくなり、対人関係に支障がでることもあるでしょう。

■ ブリッジ

ブリッジとい治し方は、橋をかけるように、抜けた歯の両脇を橋げたにして金属を被せ、義歯を抜けた部分に補う方法です。土台となる歯が、かむときにかかる力を抜けた歯の分まで受け止めます。

■ 取り外し式入れ歯

残っている健康な歯にクラスプというバネをかけ、その弾力を利用して着脱するタイプの入れ歯です。入れ歯のメリットは、ブリッジと違って、残っている健康な歯を削らずに済むことです。清潔に使えます。食べ物をかんだとき、部分入れ歯は少し下がるので、その分クラスプをかけた土台の歯に力がかかります。

■ マグネット式入れ歯

クラスプのかわりにマグネットを仕込んで固定する入れ歯もあります。保険ではできませんが、クラスプとは違って、歯に負担がかかりにくく、維持力も得ることができます。

■ テレスコープ

クラスプではなく、テレスコープと呼ばれる金属冠を土台となる歯に二重に被せる方法の入れ歯もあります。取り外しの時の衝撃が少ないので、土台の歯に負担をかけず、固定のためのバネを使わないので、見た目もすっきり仕上がります。

■ インプラント

インプラントは人工歯根という意味です。歯を支えていたアゴの骨にドリルで穴をあけ、歯の根の代わりをする支柱を埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。

入れ歯には下の写真のような金属を使った入れ歯もあります。金属にはCo‐Cr、金、チタンなどの材料を使っていて、保険外の診療となりますが、破折しにくくなり、樹脂のものより薄くなり違和感も少なくなるなどの特徴があります。またチタンでは金属の中でも比重が軽いことから、軽い入れ歯を作ることができます。

 

▲このページの先頭へ


【本庄市・歯科】高柳歯科医院 〒367-0048 埼玉県本庄市南2−6−15
Copyright © TAKAYANAGI DENTALCLINIC. All Rights Reserved. Web Design by DIK.